為替デリバティブ問題対策研究会

為替デリバティブ110番

第1回:2011/03/04 10:00-17:00:今回の電話無料相談は終了致しました。
>>第1回為替デリバティブ110番開催要項
>>為替デリバティブ110番でわかった被害の実態

デリバティブ被害の実態について

石上法律事務所
弁護士 石上晴康

顧客(会社)の対応

  • (1) 顧客は殆どの場合、既に融資を受けており、これからも新たに融資を受けなければならない(手形貸付の場合などにロールオーバーしてももらう事も含む)極めて弱い立場にある。従って通貨オプション取引の実体がわからぬまま「銀行さんの言うことだから間違いないだろう。」「断って銀行を怒らせたら怖い。」「つき合いだから。」などの理由で比較的軽い気持でこの取引に入っていったと思われる。
  • (2) しかも当初は為替が円安に動いていたので「いや、これは儲かる。有難いものを紹介してくれた。」と喜んでいたのが実態であろう。